医者

まずはかかりつけ医として

病棟

平野区で病院にかかる場合、紹介状を持たずに総合病院に行くとデメリットもあるので、まずは個人経営の医院にかかりつけ医になってもらっておくのがおすすめです。普段から何でも相談して自分の体のことをよく知っておいてもらえば、緊急のときに提携先の総合病院に行くような場合にも安心できます。

詳しくはこちら

発生と治療法

看護師

なぜ発生するのか

癌はなぜ発生するのかご存知でしょうか。まだ全てが解明されている訳ではありませんが、次のような考え方が一般的になってきました。癌細胞は、私たちの身体の中で頻繁に生まれてきています。これは、何らかの発生要因が働いて、細胞が遺伝子レベルで損傷を受けるために起こるとされています。発生要因として分かっているものに、紫外線や放射線、一部の化学薬品や活性酸素等があります。そして、癌化した細胞は、通常の分裂の仕方ではなく、秩序なく限りなく増えてしまうことになります。通常であれば、ナチュラルキラー細胞等の免疫細胞の働きによって、早期に駆除されることになりますが、免疫機構に乱れが生じると、癌細胞の方が優勢となって、発症することになります。

様々な治療法

癌の治療法には様々な方法があります。最も一般的に行われている方法としては、外科手術があります。この場合、転移が起こらないようにする必要があるため、組織を大き目に切除し、近隣にあるリンパ節も同時に除去するケースが多くなります。次に、放射線療法があります。これは外科手術が行えないような場所の癌によく行われる治療法です。放射線は、未熟な細胞ほど殺滅する力が大きいという特徴を利用した治療法です。また、抗がん剤を用いることもあります。これは外科手術と併用する場合が多く、癌の再発や転移を抑えるために行う治療法です。しかし、抗がん剤を用いた治療法には、多くの副作用があることも知られています。癌は転移してしまうと、治療が非常に難しくなってしまいます。ですから、転移する前に確実に癌組織を取り除くことが重要になるのです。

第4の治療法

男性

免疫療法は、がんの治療法としては4番目になりますが、デメリットや副作用がないことで非常に注目を集めています。免疫細胞の中でもナチュラルキラー細胞を利用してがん細胞を排除します。他の免疫療法も組み合わせることも可能です。

詳しくはこちら

適切な対応と予防

女性

心筋梗塞を発症すると心停止、呼吸停止になってしまうケースがあり、放置すれば死に至りますから、すぐに対応する必要があります。そのためには心臓マッサージ、人工呼吸、AEDの知識を得ておくべきです。ただ、それよりも予防が大切です。心筋梗塞は高血圧が原因となりますから、日頃から血圧を測定し、注意すべきです。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 癌の転移を防ぐには早期発見が大切|ガーンと落ち込まずまずは病院へAll Rights Reserved.